バイオポリリン酸 浸透力

バイオポリリン酸の成分はその浸透力が薄毛予防に期待大

 

「バイオポリリン酸」とは、育毛剤などにも使用されている特許成分です。毛乳頭の細胞は、FGFという発毛情報タンパク質を受け取ることで細胞分裂をして育毛していますが、薄毛の方はこのFGFが毛乳頭にきちんと運ばれないために毛乳頭の細胞分裂がさかんに行なわれず、その結果薄毛になってしまうことがあります。

 

しかしこのバイオポリリン酸はその毛乳頭を刺激し、育毛を促進する、と考えられています。バイオポリリン酸のメリットは育毛に効果的、というだけではありません。バイオポリリン酸は医薬品ではないため副作用がないと考えられています。実際に、その成分は弱酸性で低刺激であるため、敏感肌でも使える育毛剤、と言われています。

 

更に、発毛だけでなく、フケが減ったり、頭皮の痒みが減ったり、髪にハリやコシができたりした、という方もいるそうで、メリットがとても多いです。勿論人によって効果に差はありますが、特許ももらっているので信頼性が高いです。特許を得たバイオポリリン酸で薄毛対策はいかがですか。

 

毛や育毛に効果が期待される「バイオポリリン酸」は、元々人の体内に含まれていて、毛乳頭の細胞分裂を活性化する働きがある成分です。育毛剤の中には、このバイオポリリン酸を抽出し、発毛や育毛にその働きを生かしています。

 

またバイオポリリン酸の大きさはナノサイズなので、頭皮から更に毛乳頭までその成分が浸透しやすいのも特徴です。そのため、ミネラルやアミノ酸など、人体に必要な栄養素も含ませて働くことができます。バイオポリリン酸はそのサイズ、またその成分により特許を取っています。

 

ナノサイズといっても、逆に、圧縮した成分が時間の経過により元の大きさに戻ろうとしてしまい、その働きが失われてしまうこともありますが、バイオポリリン酸はオーバープラス法という方法でナノサイズのまま摂取した成分なので、高い浸透力をそのまま継続して働くことができる、と考えられています。薄毛対策にこのような成分はとても強い味方ではないでしょうか。